第3回オープン・レクチャー
インクルーシブに向けた文化施設の試み

カバー画像

開催概要

日時:2022年1月29日(土)10:00~12:00 終了しました。

オンラインZoom開催[要申込 / 参加無料]

国内外文化施設において活躍する研究員やキュレーターを講師に招き、障害当事者とともにインクルーシブに育まれる、文化施設の活動を取り上げます。本レクチャーを通じ、障害当事者とともに共創していく、これからの文化施設のあり方を探求していきます。

講師

  • 広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授)
  • Tabitha Jacques(ロチェスター工科大学・国立ろう工科大学Joseph F. and Helen C. Dyer Arts Centerディレクター)
  • モデレーター:生田目美紀(筑波技術大学産業技術学部教授)

情報保障支援について

  • 日英逐次通訳
  • 日本語―日本手話言語通訳
  • 日本語文字表示
  • スライド資料の事前提供

※その他情報保障に関するご要望がございましたら東京都歴史文化財団事務局までご連絡ください。

お申し込み

下の「お申し込み」ボタンよりお申し込みください(peatix受付サイトに移動します)
申込締切:2022年1月28日(金)12:00

講師プロフィール

広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授/文化人類学、触文化論)

広瀬浩二郎さん顔写真

自称「座頭市流フィールドワーカー」。2001年より国立民族学博物館に勤務し、「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)の実践的研究に取り組み、“さわる”をテーマとする各種イベントを全国で企画・実施。2021年9月より特別展「ユニバーサル・ミュージアム──さわる!“触”の大博覧会」を開催。『ひとが優しい博物館: ユニバーサル・ミュージアムの新展開』(2016年、青弓社)、『目に見えない世界を歩く』(2017年、平凡社)、『それでも僕たちは「濃厚接触」を続ける!』(2020年、小さ子社)『触常者として生きる―琵琶を持たない琵琶法師の旅』(2020年、伏流社)など著書多数。


Tabitha Jacques(ロチェスター工科大学・国立ろう工科大学Joseph F. and Helen C. Dyer Arts Centerディレクター)

Tabitha Jacques氏顔写真

ジョージタウン大学で修士号(美術史学・博物館学)取得後、スミソニアン国立郵便博物館でスペシャルプロジェクト・コーディネーターを、ギャローデット大学にてアドミッションズ・カウンセラー、ワシントン州ろう者・難聴者支援室にて支援通信技術プログラムマネージャーを経て、現職。その他、ギャローデッド大学ミュージアム・プロジェクトのキュレーターや非常勤教授も務めた。2018年、ロチェスター・ビジネス・ジャーナルが地域社会に大きく貢献する40歳以下の専門家40名を表彰する「2018 Forty Under 40」を受賞。講演活動にも力を入れるなど精力的に活動している。


本事業に関するお問い合わせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 事務局総務課企画広報係 担当:廣田、鹿島

電話番号:03-5610-3500(10:00〜17:00 平日のみ)

Email:programs-inquiry@rekibun.or.jp

取材・広報用画像のお問い合わせ     

「Cultural Future Camp」PR・運営事務局(株式会社precog内)担当:小仲、関

電話番号:050-5478-5248(10:00〜18:00 平日のみ)

Email:press.precog@gmail.com


文化庁ロゴ
公益財団法人東京都歴史文化財団ロゴ
国立大学法人筑波技術大学ロゴ