Cultural Future Camp

インクルーシブ・デザインで新しい文化体験を共創する

 

芸術文化における「情報アクセシビリティ」をテーマに、障害当事者を巻き込むデザイン手法「インクルーシブ・デザイン」を取り入れたオープン・レクチャー《全3回》と短期集中ワークショップ《4⽇間連続》を実施します。

東京都歴史文化財団「クリエイティブ・ウェル・プロジェクト※」と、聴覚・視覚に障害を持つ人を対象とした国内唯一の国立大学である筑波技術大学が協働し、「Cultural Future Camp:インクルーシブ・デザインで新しい文化体験を共創する」を開催します。

このプログラムでは、⽂化芸術表現に必要なアクセシビリティ・コーディネートと、⽂化施設を中核とした共⽣社会の実現について考えていくことを目的に、芸術文化における「情報アクセシビリティ」をテーマに、障害当事者を巻き込むデザイン手法「インクルーシブ・デザイン」を取り入れたオープン・レクチャー(2021年11月〜2022年1月/全3回)と短期集中ワークショップ(2022年2月/4日間連続)を行います。

※クリエイティブ・ウェル・プロジェクトとは

東京都歴史文化財団では、芸術文化の力や都立文化施設の資源を活用し、高齢化や共生社会など、東京の社会課題解決への貢献を目指し、高齢者、障害者、外国人、乳幼児等を対象者とした「アクセシビリティ向上」と「鑑賞・創作・発表機会の拡大」に取り組む「クリエイティブ・ウェル・プロジェクト」を令和3年度より実施しています。

  • 主催:文化庁、公益財団法人東京都歴史文化財団
  • 協力:国立大学法人筑波技術大学
  • PR・運営事務局:株式会社precog
  • 文化庁委託事業「令和3年度障害者等による文化芸術活動推進事業(文化芸術による共生社会の推進を含む)」 

オープン・レクチャー《全3回》※オンラインZoom[要申込 / 参加無料]

2021年11月よりスタートするオープン・レクチャーでは、文化施設が合理的配慮に取り組むうえで重要となる知識や、情報保障学を通じた芸術文化活動に関する研究、これからのインクルーシブ・ミュージアムのあり方について紹介します。

 カバー画像

第1回「身体と文化―「異文化」理解へ向けて」

2021年11月23日(火・祝)14:00~15:30

終了しました

カバー画像

第2回「情報保障学からひらく芸術文化活動」

2021年12月12日(日)14:00~16:00

申込受付中

カバー画像

第3回「インクルーシブに向けた文化施設の試み」

2022年1月29日(土)10:00~12:00


短期集中ワークショップ《4日間連続》

カバー画像

五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)を活用した芸術文化鑑賞体験の創造をテーマに開催します。本ワークショップでは、デザインの専門家や芸術文化活動従事者、障害当事者など公募にて選抜した20名の参加者が協働で、芸術文化の新しい楽しみ方の開発に取り組みます。

  • ワークショップ:2022年2月17日(木)〜20日(日)
  • 公開フォーラム(成果発表):2022年2月20日(日)

会場:東京都江戸東京博物館会議室(公開フォーラムのみ:オンラインZoom)

募集開始:2021年12月(予定) 募集定員 20名


本事業に関するお問い合わせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 事務局総務課企画広報係 担当:廣田、鹿島

電話番号:03-5610-3500(10:00〜17:00 平日のみ)

Email:programs-inquiry@rekibun.or.jp

取材・広報用画像のお問い合わせ     

「Cultural Future Camp」PR・運営事務局(株式会社precog内)担当:小仲、関

電話番号:050-5478-5248(10:00〜18:00 平日のみ)

Email:press.precog@gmail.com


文化庁
公益財団法人東京都歴史文化財団
国立大学法人筑波技術大学